• ホーム
  • ツボを押して精力アップにチャレンジ!

ツボを押して精力アップにチャレンジ!

2020年05月15日

男性にとってパートナーとのsexは、心も体も愛する人との大切なものですが疲れやストレス、他の原因などで精力が減退したりすることも珍しくありません。
世の中には精力アップのためのドリンクやサプリメントなど色々なものが販売されていますが、精力増強に効果的だとされるツボなどもあります。
これなら費用もかからず思いついたときに直ぐにでも実行できるので大変おすすめです。

ツボというと素人には難しい感じがしますが、場所とやり方さえ覚えていけばそれほど難しいものではありません。
コツをしっかりと掴むことで誰でも手軽にチャレンジが出来ます。
増強によいとされるツボは色々あります。
人差し指の爪から数ミリ下にある商陽は胃腸の働きを整えたり、滋養強壮や精力増強によいとされています。
また、大赫は陰部の血が集まっているところで男性ホルモンの分泌を促します。

他にも太谿と呼ばれるツボもあり、内側のくるぶしの直ぐ後ろとアキレス腱の間のくぼみにあるのでお風呂に入っているときに押すと効果的です。
ここはホルモンバランスを整えて内臓機能を高め、新陳代謝を促して肌のターンオーバーをサポートするとされています。
お腹にあるツボは陰部付近に集まっていてかなり効果も期待出来るのでsexをする前に押しておくのもよいかもしれません。
ツボ押しはいつでも手軽に実践できるのが最大の魅力です。
行なうのも簡単で他の方法と比べて費用もかからず、誰にも知られる心配もありません。
ツボを押すだけでなく精力が減退する原因は何かも確認した方がよいです。

他にも原因が関係している可能性もあるので、ツボを押しながら減退に繋がっている原因も一緒に探っていくのがおすすめです。
原因を改善していきながら精力アップを行なうことで回復も期待できます。
減退するといわれる主な原因はアルコールの摂取のしすぎや、食べ過ぎや偏食です。
アルコールの飲みすぎは健康にも良くありません。
また、偏食も甘いものやコレステロールが高い物ばかり食べると、肥満の原因にもなってEDの原因にもなるといわれています。
偏食や食べ過ぎには注意して腹八分目を心がけるようにしたほうがよいです。

部位別に見る精力増強のツボについて

精力を増強するためのツボを部位別で見ます。
手にあるツボは商陽の他に、三焦経といって左手の薬指の爪から3ミリしたのところにあります。
左手だけにあるツボで、自律神経を整えてホルモンの分泌を促してくれます。
陽地という手の甲側の手首の真ん中より小指側のところにあるツボは、体を温めて冷え性改善や疲労回復を促します。
手のひらの中央にあり、手を握った時中指の先が当たるところにある労宮は、血液の循環を良くしたり精神の安定をさせてくれます。
手のひら側で手首と肘の真ん中のところにあるげき門は、動機や息切れを抑えて血液の循環を良くしてくれます。

手には精力増強につながるツボが5つ存在します。
手が空いた時にいつでも押す事ができます。
パートナーとのsexに備えて気が付いたら押してみましょう。
続いてお腹にあるツボは二箇所です。
大赫ともう一つは、関元と言われるおへそから指4本分下にあるところを押すと、アンチエイジングや体力増強など元気の源となるツボがあります。
男性の体力に衰えを感じたらこの関元を押してみると効果が期待できます。

足には太谿というツボ以外にも二箇所あります。
足の内側でくるぶしから指4本分上にあるところにある三陰交を押すと、男性器の活性化につながります。
また冷え性や生理痛などにも効くので女性にもおすすめです。
ふくらはぎの内側で膝とくるぶしの真ん中にある築賓は、神経の緊張をほぐしてくれます。
下半身の血流が良くなって精力増強にもつながります。

部位によっては思いついた時にすぐ押す事ができるツボもあれば、時間をとってじっくり探さないと押せないところもあります。
また数回押しただけですぐに効果が現れるものでもありません。
毎日継続して意識して押すようにしてください。